鴻海、脱アップル依存狙う 将来の成長に投資

2016/2/5 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【台北=山下和成】台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業はシャープ買収を将来の成長投資と位置づけている。スマートフォン(スマホ)などの受託生産で急成長したが、足元は伸び悩む。シャープの液晶パネルの技術やブランドを活用すれば部品の供給拡大など米アップル依存の経営からの脱却も見込めるとみる。

鴻海は電機メーカーの生産を肩代わりする電子機器の受託製造サービス(EMS)の世界最大手。アップルのスマホiPhone…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]