/

この記事は会員限定です

シャープを鴻海が買収へ 7000億円、機構案上回る

5日から詰めの協議

[有料会員限定]

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業がシャープを買収する方向となった。シャープは官民ファンドの産業革新機構からの出資を受け入れる方針だったが、対抗策として支援額を上積みした鴻海案の採用に判断が傾いた。鴻海の郭台銘董事長は4日夜に来日しており、5日からシャープや主取引行との詰めの協議に入る。

シャープは4日開いた取締役会で鴻海案を協議した。高橋興三社長は都内で記者会見し、「(交渉にあたる人材などの)リソー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り916文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン