介護にIT、参入組が新風 損保ジャパンはセンサー導入

2016/2/2 1:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

損保ジャパン日本興亜ホールディングス(HD)は介護事業強化のスピードを上げる。運営する有料老人ホームに見守りセンサーなどを導入し、サービス向上と効率化を進める。相次ぐ買収により業界2位になる同社をはじめ、大手企業が相次いで介護事業に参入している。中小事業者が多く、他産業より遅れ気味だったIT(情報技術)対応や運営の効率化にもつながりそうだ。

損保ジャパン日本興亜HDは2015年12月に居酒屋大手…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]