/

この記事は会員限定です

都心型店舗で競争激化 百貨店と相乗効果(家電 名古屋の陣)

[有料会員限定]

名古屋が全国有数の家電量販店の激戦区になりつつある。ヨドバシカメラが中部初店舗を栄エリアに開業して3カ月がたち、地域に人の流れを生み出している。3月には家電・免税店のラオックスも栄に進出する予定で、訪日外国人の誘客に期待がかかる。車社会で郊外型店が主流だった名古屋の家電量販市場は、都心型店舗の勃興で新たな競争段階に入る。

松坂屋名古屋店内に昨年10月末に開業したヨドバシの中部初店舗「名古屋松坂屋店...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1416文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン