2019年9月21日(土)

人工光合成のエネ効率、世界最高4.6%に 豊田中研

2016/2/1 0:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

トヨタ自動車グループの研究開発会社、豊田中央研究所(愛知県長久手市)は、水と二酸化炭素を原料に太陽光を利用して有用物質を作り出す人工光合成で、エネルギー変換効率を世界最高の4.6%まで高めた。今後、実用的な水準とされる10%以上を目指す。

半導体基板の片面に貴金属のイリジウムを使った触媒を、もう一方の面にルテニウムの触媒を貼り付けた素子を開発した。これを水の中に入れ、二酸化炭素を吹き込みながら太…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。