2019年1月17日(木)

ヤクルト純利益最高の283億円 15年4~12月、インドネシア好調

2016/1/29 23:50
保存
共有
印刷
その他

ヤクルトレディ、走る――。ヤクルト本社が29日発表した2015年4~12月期の連結決算は純利益が283億円と前年同期比31%増え、最高益を更新した。アジアを中心に乳酸菌飲料「ヤクルト」が伸び、特にインドネシアはヤクルトレディによる宅配がけん引した。中国は足元で減速したもののプラスを確保し、アジア全体では原材料コストも大幅に低下した。

売上高は7%増の2998億円だった。インドネシアは1日当たりの販売本数が13%、中国は11%増えた。

10~12月(連結対象は7~9月)でみると、中国の伸びが2.5%に鈍化。中国は景気の影響を受けやすい店頭販売の比率が高く、製造業が集まる主力の広東省で苦戦した。ブラジルや欧州も販売が減った。海外全体では値上げ効果もあり売上高が15%増、営業利益が29%増だった。

国内飲料事業は1%の減収。主力のヤクルトが販売増を確保した一方、その他の清涼飲料が総じて振るわなかった。創業80周年関連の費用負担で24%減益だった。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報