/

この記事は会員限定です

東京原油の影響力増す 日銀緩和で急伸、WTI連れ高

[有料会員限定]

東京商品取引所のドバイ原油先物の取引が、世界的な原油市況に影響する場面が出てきた。ドバイ原油は日銀のマイナス金利導入が伝わった29日昼に急伸。同じ時間帯で取引された米WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油も値上がりした。ドバイ原油の売買が増えているのを背景に、東京市場の動きが米国市場に伝わった。

日銀、マイナス金利導入を議論――。報道が伝わった12時台にドバイ原油は急伸。約800円...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り866文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン