阪大、再生医療VBを設立 iPS培養基材の開発を支援

2016/1/29 10:23
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪大学は28日、皮革大手のニッピなどと共同出資して再生医療ベンチャーのマトリクソーム(大阪府吹田市)を設立したと発表した。iPS細胞などの培養に使える基材の開発や販売を手掛ける。阪大が出資する大阪大学ベンチャーキャピタル(同市)を通じて資金を提供した。阪大VCが設立時から出資するのは初めて。阪大で生まれた研究成果の事業化を後押しする。

マトリクソームは阪大の関口清俊教授がニッピとの共同研究で開…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]