/

この記事は会員限定です

食品廃棄、脱「丸投げ」 日本KFCは立ち会い検討

[有料会員限定]

廃棄食品の横流し問題に小売り、外食、食品メーカーが揺れている。数年前に頻発した産地偽装を背景に、生産、加工から販売までのルートを明確にするトレーサビリティー(追跡可能性)は格段に向上したが、賞味期限切れなどで廃棄する商品の「その後」には十分な監視の目が行き届いていない。委託先の処理業者を信じるしかないのが実情で、対策は手探りだ。

カレーチェーン店「CoCo壱番屋」を運営する壱番屋は昨年10月、冷...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1131文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン