赤プリ跡地の新ホテル、7月開業 1泊最高59万円

2016/1/22 0:59
保存
共有
印刷
その他

西武ホールディングスは21日、旧赤坂プリンスホテル跡地に再開発する複合ビルに入る新ホテル「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」(東京・千代田)を7月27日に開くと発表した。傘下のプリンスホテルが運営する。1室1泊あたりの定価は6万円からで、最上級の部屋は59万円。欧米やアジアから来日する富裕層などの需要を見込む。

ホテルの予約は2月1日から受け付ける。21日、プリンスホテルは米高級ホテル大手スターウッドホテル&リゾートワールドワイドと提携し、新ホテルをスターウッドの最高級ブランド「ラグジュアリーコレクション」に加盟させるとも発表した。スターウッドのブランド力や顧客基盤を生かし、欧米やアジアからの来日客の利用を促す。宿泊客に占める外国人の比率は2018年度に70%を目指す。

「ザ・プリンスギャラリー」は複合ビルの上層部の30~36階に入る。客室は250室。都心の眺望を楽しめるデザインの客室や、日本文化の魅力を堪能できる和食レストランなども併設する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]