2019年6月24日(月)

シンガポールの漢方薬局・余仁生、中国に本格進出

2016/1/22 1:47
保存
共有
印刷
その他

■余仁生(ユーヤンサン・インターナショナル、シンガポールの漢方薬局) 中国での事業拡大を狙い、Hケア・インベストメンツ・ホールディングと提携する。中国本土での販売網構築が狙い。

合弁で設立するユーヤンサン・チャイナ・ホールディングスは研究・開発から製造、流通、小売りまで関与する。Hケアはヘルスケア企業への投資とコンサルティングを手掛けるケアキャピタル・アドバイザーズの子会社。今回の合弁事業では60%の株式を保有し、最大3500万ドル(約41億円)を投資する。ユーヤンサンは残りの株式を保有し約350万ドルを投資する。

規制の厳しさから中国での2015年の売上高はユーヤンサン全体の1%にとどまる。経験豊富な地元企業との提携で、製品の登録や販売が円滑に進むと期待している。

同社のブランドはシンガポールに加えて香港やマレーシアでも定着しており、華僑の人口が増加傾向にあるオーストラリアでも事業を拡大している。だが、昨年の純利益は香港とマレーシアでの売り上げが低迷したことから70%減少した。このため、他の市場での成長を模索している。(シンガポール=谷繭子)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報