賃上げ、市場動揺が逆風 春季交渉が事実上スタート

2016/1/20 1:11
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2016年の春季労使交渉が19日、事実上スタートした。経団連は同日発表した交渉の指針で15年を上回る「年収ベースでの賃上げ」を検討するよう企業に求めたが、昨年とは異なり、基本給を一律に底上げするベースアップ(ベア)には慎重姿勢をにじませた。年明けから円高・株安が進み企業業績の先行きに不透明感が増したことも賃上げの逆風になっている。

経団連の榊原定征会長と連合の神津里季生会長は29日に会談。これを…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]