2018年7月17日(火)

山本化学、体温あげる機能性ウエア 赤外線を活用

2016/1/18 0:08
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 特殊ゴム製造の山本化学工業(大阪市、山本富造社長)は赤外線を発して体温を上げる機能性ウエアを開発した。赤外線を出す貴金属を混ぜた軟らかなゴム素材を使い「3週間着続ければ体温が最大1度上がる」としている。米国では米食品医薬品局(FDA)から医療機器としての認証を取得した。低体温に悩む高齢者らの需要を見込む。

 2月にも販売を始める。ウエアはベスト(35万円)とベルト(11万6千円)の2種類を用意。肌…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報