2019年8月20日(火)

鳥取のサンパック、応急処置に段ボール製 簡易添え木を開発

2016/1/15 10:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

段ボール製造のサンパック(鳥取県倉吉市)はマッサージチェア大手のファミリーイナダ(大阪市)と共同で、1枚の段ボールから部材をくりぬいて組み立てる応急処置用簡易添え木を開発した。2月に販売を始める。軽くて保管が容易なことから防災・救急用やスポーツ用の需要を見込んでいる。月間1000パックの販売が目標だ。

開発した簡易添え木「ラ・イ・ス・パック」は、縦80センチ、横55センチの段ボールに部材を切り込…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。