/

この記事は会員限定です

会計士協会、会計士に厳格監査を要請 経営者不正リスク念頭に

[有料会員限定]

日本公認会計士協会は会員の会計士に対し、経営者が不正に加担するリスクを念頭に置いた厳格な監査を要請する。月内にも、監査の際に会計士が従うべき具体的な手続きを定めた通知を出す。東芝の会計不祥事では担当の新日本監査法人金融庁から「不正を見抜く注意を怠った」と指摘された。入念な監査を徹底し、会計監査の信頼回復につなげる。

1月下旬に森公高会長名で、2011年以来となる「会長通牒(つうちょう)」を公表す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り314文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン