余剰再生エネで水素製造 経産省、16年度にも実証事業

2016/1/12 1:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経済産業省は、余った再生可能エネルギーの電気で水素をつくるシステムを整備する。太陽光などの電気が増えすぎたときに水素として蓄える仕組みを全国に広げ、燃料電池車や発電所の燃料として活用する。天候で発電量が変わる太陽光や風力などの電気を有効活用し温暖化ガスの排出量の削減にもつなげる。

経産省や東京ガス、千代田化工建設などが参加する「水素・燃料電池戦略協議会」で実現に向けた方策を議論し、来年度にも実証…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]