/

この記事は会員限定です

仙台市、被災地区で自動運転とドローン実験 地域活性化

[有料会員限定]

仙台市は人が乗らなくても自動で走る車の走行実験を今年度中に実施する。東日本大震災で大きな被害を受けた市東部の荒浜地区を活用。東北大学や自動運転車を開発する民間企業が参加する。同時にドローン(小型無人機)の飛行も実験する。同市は各種の規制を緩和する国家戦略特区に指定されており、新たな技術を活用して地域を活性化させたい考えだ。

実験は3月中の1日間を予定している。若林区にある荒浜地区は2011年の震災...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り602文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン