/

北海道庁の最上階にカフェ コンフィ、道内の産品使う

建築設計事務所のコンフィ(札幌市)は25日、北海道庁の最上階に「AKARENGA-CAFE(赤れんがカフェ)」をオープンする。道内の農水産物を使い、健康にも配慮した料理を提供する。

カフェは本庁舎13階展望室に設ける。店舗面積は約150平方メートルで、窓からは「赤れんが庁舎」の愛称で知られる旧本庁舎などの景色を楽しめる。「美味しい北海道」をコンセプトに旬の道産素材を生かした多彩なメニューを用意する。道内市町村や農業団体などと連携した限定メニューも検討。道産品のテスト販売の場としても活用してもらう考えだ。

ミーティングルームを設け、子ども向けの食育教室や健康料理教室なども開催する。

営業時間は午前8時半から午後6時まで。土日は休み。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン