/

この記事は会員限定です

年金世帯の所得控除拡充 介護保険料を合算、財務省検討

[有料会員限定]

財務省は介護保険料を支払った年金受給者の所得税の負担を減らす仕組みを拡充する検討に入る。年金で生活する主婦らで、介護保険料を支払った場合に生じるはずの控除分が反映されていないケースがあるためだ。年1万円ほどの負担減になる世帯もあるという。高齢の低所得層の家計の下支えとなりそうだ。

財務省は今春から本格的に制度改正を検討する。その後、与党との議論を踏まえ2017年度税制改正に盛り込む考え。17年度...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り801文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン