/

この記事は会員限定です

若者に政治 大学生走る 18歳選挙権で取り組み活発

[有料会員限定]

今年から選挙権が「18歳以上」に引き下げられるのを前に、大学生などの政治サークルの取り組みが活発化している。中高生向けの模擬選挙や授業、若者の意見を政策に反映させるための政治家への働き掛け……。国政選挙の投票率は20代が世代別で最も低く、将来の有権者も含めて関心を高めようと若者たちも試行錯誤を続けている。

「高校生にどう興味を持ってもらうか」「年齢が近い大学生による授業なら安全保障などの問題でも取...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り780文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン