南極観測船「しらせ」、昭和基地沖に接岸 3年連続

2016/1/4 14:02
保存
共有
印刷
その他

3年連続で南極・昭和基地沖への接岸に成功した観測船しらせ=奥(4日)=代表撮影・共同

3年連続で南極・昭和基地沖への接岸に成功した観測船しらせ=奥(4日)=代表撮影・共同

文部科学省は4日、第57次南極観測隊を乗せた南極観測船しらせ(1万2650トン)が、日本時間の同日午前7時45分に、昭和基地沖500メートルの定着氷に接岸したと発表した。接岸成功は3年連続となった。

文科省によると、しらせは例年、厚さ約6メートルの氷を割りながら進むという。今回も900回以上、船を氷に繰り返し体当たりさせて、接岸に成功した。今後は物資輸送や観測などを支援する。〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]