/

この記事は会員限定です

伊藤忠、中国東北部で食品物流 国営水産大手と合弁

[有料会員限定]

伊藤忠商事は中国国営の水産最大手と組み、中国東北部で冷凍・冷蔵食品の物流事業に参入する。現地に設立した合弁会社が3年以内をメドに最大75億円を投じてトラックや運送拠点を整備。3年後の売上高で130億円を目指す。中国では製造業を中心に経済成長が減速しているが、人口増により個人消費は今後も拡大が続くと判断した。

大連市で合弁会社を2015年11月に設立しており、16年1月1日に営業を始める。伊藤忠子会...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り339文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン