/

この記事は会員限定です

設備投資とは何か 食い違う政府と企業の認識

[有料会員限定]

企業に設備投資と賃上げを促そうと、安倍晋三政権があの手この手を繰り出す。経済の停滞を打破したい。そんな政策目標に成果を出すには、政府の関与は戦略的であるべきだ。

未来投資に向けた官民対話。2015年10月の第1回会合で、小林喜光経済同友会代表幹事は政府側の説明資料に首をかしげた。

「データには、設備投資はソフトウエアを除くと書いてある。今やソフトウエアをどうお金に換算していくかが肝心だ」。投資と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1918文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン