岩井克人氏「中国・人民元に野望と誤解」
新年に考える

2016/1/3 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米ドルを基軸通貨としてきた資本主義の体制は盤石なのだろうか。中国をはじめとする新興国の台頭は世界経済の勢力図を塗り替え、欧州で広がった債務危機や有力企業で頻発した不祥事は市場の基礎である信用に暗い影を落とす。国際通貨と資本主義の未来について、理論研究の第一人者である岩井克人・国際基督教大学客員教授に聞いた。

――中国の人民元が10月、国際通貨基金(IMF)の特別引き出し権(SDR)の構成通貨に加…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]