2019年6月19日(水)

眼鏡型端末向けの翻訳アプリ、神戸デジタル・ラボが開発

2015/12/25 10:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

システム開発を手掛ける神戸デジタル・ラボ(神戸市)は、眼鏡型のウエアラブル端末(スマートグラス)向けの自動翻訳アプリケーションを開発した。2016年1月に米ラスベガスで開かれる大規模な電機の技術展で、共同出展するテレパシージャパン(東京・中央)のスマートグラスに実装して披露する。

アプリ名は「ウェアシスト」。国立研究開発法人、情報通信研究機構(NICT)が開発した自動翻訳技術を活用する予定で、こ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報