2019年9月23日(月)

銅・亜鉛鉱石が反発 欧米資源会社の減産影響

2015/12/21 23:52
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

銅や亜鉛といった非鉄金属の鉱石価格が反発している。銅鉱石では2016年の年間契約価格の一部が6年ぶりの上昇で決まった。市況低迷を受けた欧米など資源会社の減産が、鉱石需給を引き締めつつある。鉱石の供給減少が続けば、低迷する地金相場の下支えにつながりそうだ。

チリの資源大手、アントファガスタは中国の大手製錬の江西銅業との間で16年の銅鉱石交渉で合意した。ロンドン金属取引所(LME)の地金相場から1ト…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。