/

この記事は会員限定です

遠隔診療、ベンチャー先行 ポートは10症状対象に仲介

[有料会員限定]

遠隔診療でベンチャー企業が大手に先駆けサービスを始めた。従来はへき地向けなど一定の制限があったが、厚生労働省が8月に実質的に解禁。インターネットを使い離れた場所でもスムーズに診察できるシステムの提供に相次ぎ乗り出している。詳細なルールが不透明な部分も残っており大手企業はまだ参入に慎重だが、医療分野で新たなサービス競争が始まりつつある。

情報サイトなどを手がけるポート(東京・新宿、春日博文社長)は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り965文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン