アベノミクス、隠せぬ現実(核心)
本社コラムニスト 平田育夫

2015/12/21 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

いまの安倍晋三政権が発足してから26日で丸3年。金融緩和中心のアベノミクスは円安、株高をもたらし一見、華々しい。

その実、国内総生産(GDP)は政権発足直前の四半期からの3年間でわずか実質2.3%の増加だ。同期間の米国(6.7%増)の3分の1で、年平均では0.76%。派手な日銀緩和の割には寂しい成果だ。

緩和策による円安などでデフレ心理が和らいでも、働き手の減少や低い生産性など供給面の制約のため…

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]