/

この記事は会員限定です

長崎大が働き方改革 無駄な業務減らし研究時間確保

[有料会員限定]

長崎大学が働き方改革を強力に進め出した。外部コンサルタントの指導のもと、無駄な業務を減らして本来の研究などに割ける時間を増やす。少子化で大学を取り巻く環境は厳しさを増しており、従来のような働き方では有能な人材が集まらず、成果も期待できないとの危機感がある。介護と研究の両立にも乗り出した。

「私も一日に12時間以上働けと言い続けてきた。変わらないといけない」。11月に開いた働き方を見直すキックオフセ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン