/

この記事は会員限定です

宮城・東松島市、集団移転跡地を工業団地に 14社立地

[有料会員限定]

東日本大震災で津波被害を受けた宮城県東松島市の大曲浜地区で、工業団地の整備が急ピッチで進んでいる。住民が内陸に集団移転した跡地を工業団地に転用するのは被災地で初めて。これまでに14社の誘致が決まり、団地の4分の3が埋まった。住民移転後の跡地利用に苦慮する被災自治体にとっては一つのモデルケースになりそうだ。

東松島市の南東部に位置する大曲浜地区。現在は土砂を運ぶダンプカーが数多く往来し、土地を約2....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1037文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン