/

この記事は会員限定です

北越紀州、大王製紙社長らを提訴 88億円損賠請求

[有料会員限定]

北越紀州製紙が大王製紙の佐光正義社長らを相手取り、約88億円の損害賠償請求訴訟を起こしたことが15日、明らかになった。大王は9月、新株予約権付社債(転換社債=CB)発行を発表。大王株価は大幅下落し、筆頭株主である北越紀州が差し止めを求めたが応じなかった。北越紀州は大王経営陣が善管注意義務を果たさず株主の利益を損ねたと主張している。

訴訟は15日、東京地裁に提起し、受理された。北越紀州が派遣する大王...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り504文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン