2019年1月20日(日)

日プラ、高松の水族館の営業継続 来年4月以降は「白紙」

2015/12/12 11:05
保存
共有
印刷
その他

年内の閉館が予定されていた高松市の屋島山上にある新屋島水族館が、2016年3月末まで営業を続けることが明らかになった。運営会社の親会社、日プラ(香川県三木町)への取材で分かった。同社は4月以降の営業については「白紙」とした。

同水族館は1969年に四国電力の関連会社の出資などで「屋島山上水族館」として開業。2006年に日プラ子会社のせとうち夢虫博物館が経営を引き継いだ。建設から40年以上が過ぎ、施設の老朽化が問題となっていた。

日プラは昨年11月、同水族館が瀬戸内海国立公園内にあることの規制などから建て替えや増築が進められず、現状のままで存続させると将来的に事故などにつながりかねないと判断し、15年中の閉館を発表していた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報