2019年1月24日(木)

北海道観光振興機構、次期会長に堰八・道銀会長

2015/12/12 10:39
保存
共有
印刷
その他

北海道観光振興機構の近藤龍夫会長(70)は2016年6月の任期満了に向け、後任に北海道銀行の堰八義博会長(60)を指名する方針を固めた。すでに堰八氏に意向を伝え、了解を得た。14年6月に会長に就任した近藤氏は機構の予算を倍増させたほか、分野別の部会設置など、企画の立案・展開力の強化にも取り組んだ。組織の改革に一定のメドがついたと判断し、退任を決めた。

堰八氏本人の同意を得た上で、北海道庁にも方針を伝えた。北海道電力出身の近藤会長は、自身の改革路線を継承してもらうため、後任も民間企業から選ぶ意向を示してきた。堰八氏は近藤会長が14年まで務めた北海道経済連合会の会長時代に副会長として支えた経験もあり、後任にふさわしいと判断した。

堰八氏は03年、48歳で道銀頭取に就任。公的資金の完済や北陸銀行との基幹システム統合などに尽力した。札幌商工会議所による札幌市への提言をとりまとめるなど、財界でもリーダーシップを発揮している。

機構の会長は理事から選ばれる。通常は3月と5月に開く理事会で会長候補者に指名され、6月の総会で選出される。堰八氏の会長就任が確定するまで約半年残っているものの、高橋はるみ知事も同氏の経営者としての手腕を高く評価しているとされ、「道が別の候補者を推す可能性はない」(機構関係者)との見方が有力だ。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報