変わる瀬戸内工業地帯 備後エリア、独立心強い個性派が共存

2015/12/11 12:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「最新スマホや再生医療など日常生活を常に変えているんですがねえ」

ローツェの藤代祥之社長のつぶやきは誇りの裏返しでもある。広島県福山市に本社を置く同社は一般的には知られていないが半導体ウエハー搬送装置の世界最大手。10月末に自動化した細胞培養装置を開発、発表した。広島県東部から岡山県西部をまたぐ備後地区を代表する企業の一つだ。

同地区の中心が、広島県第2の産業集積地でもある福山市。かつては瀬戸内…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]