/

サンケイビルなど、ミナミの東心斎橋に496室のホテル

サンケイビルとJR西日本不動産開発(兵庫県尼崎市)、安田不動産(東京・千代田)は8日、大阪・ミナミの東心斎橋に496室のホテルを共同で建てると発表した。全国で「カンデオホテルズ」を運営するカンデオ・ホスピタリティ・マネジメント(東京・港)がテナントとして入る。12月中に着工し、2017年夏の開業を予定する。

建設地は堺筋に面し、地下鉄長堀橋駅と日本橋駅の中間に位置する。ホテルは地上17階建てで、最上階には露天風呂を設ける。延べ床面積は約1万5千平方メートル、客室の面積は15~38平方メートル程度。訪日外国人など観光客の利用を多く見込み、全ての客室をダブルかツインとする。宿泊料金は未定。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン