水素使う電力貯蔵システム 東芝、離島・海外向け本格販売

2015/12/9 12:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝は太陽光など再生可能エネルギーで作った電力を水素で貯蔵・供給するシステムの販売を、九州の離島や海外を対象として本格的に始める。ハウステンボス(HTB、長崎県佐世保市)から受注したことで、当初は2017年度からの計画だった事業化を2年前倒しする。エネルギーを地産地消できるため、離島の多い長崎県などのほか新興国を重要な売り込み先として提案していく。

東芝のシステムは電気から水素を作って保管してお…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]