2019年2月18日(月)

みちのくコカ、花巻工場に生産集約 新型殺菌機を導入

2015/12/5 10:39
保存
共有
印刷
その他

北東北3県が営業エリアのみちのくコカ・コーラボトリング(岩手県矢巾町)は青森市、秋田市、岩手県花巻市の3工場を花巻工場に集約し、来年1月から本格稼働する。東北初となる電子ビーム殺菌機や炭酸飲料の常温充填機を導入した。総投資額は約80億円で、稼働後10年間で100億円強のコスト削減効果を見込む。

4日に花巻工場と新ロジスティックセンターの見学会を開いた。これまで温薬剤を噴射して水ですすいでいた殺菌を、今後は電子ビーム殺菌機で行う。水や薬剤が不要で、薬剤残留リスクも無くなる。炭酸飲料の常温充填機の導入により、これまで冷やしてガスを入れ、再び温めていた炭酸飲料の製造を効率化する。

ペットボトルの成型機や無菌充填ラインを入れ、自社生産を拡大する。「いろはす」など極薄ペット製品が自社で生産できるようになる。

新設したロジスティックセンターは延べ床面積約2万平方メートルの鉄筋2階建て。最大80万ケース(1ケース=24~30本)を保管できる。従来の3工場から営業所倉庫まで102あった経路を26に集約。トラックを3割減らし、外部に借りていた倉庫も約1万7千平方メートル削減する。

花巻工場は新規に25人を雇用。青森市と秋田市の工場は物流施設とし、従業員は継続雇用する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報