有名無実の就活ルール 大手も学生囲い込み(真相深層)

2015/11/28 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

就職活動のルールが揺れている。経団連は面接などの選考解禁時期を2016年は6月にすると発表した。「学業優先」のために4月だった解禁時期を8月に変更したのは15年。わずか1年での今回の見直しでも「学生の負担軽減」が理由という。しかし、15年の就活を振り返れば、学生への配慮をうたうルールそのものが形骸化している実情が浮かび上がる。

■選考解禁前倒し、学生の負担増も

「まるで茶番」。早稲田大4年の男子学…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]