/

この記事は会員限定です

ラウンドワン、一部施設で喫煙OK 客数急減で転換

[有料会員限定]

レジャー施設運営のラウンドワンはボウリング場やゲームコーナーで12月からたばこを吸えるようにする。全国約110ある娯楽施設のうち、7割以上が対象となる。4月に喫煙ブースを設け全施設を完全分煙にしたところ、客数が急減したため、方針を転換し、一部を元に戻す。

中核であるボウリング場は、まず12月1日から16施設でたばこが吸えるようにする。施設の事情に応じ、非喫煙者や未成年客にも配慮した対応を加える。例...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り238文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン