/

この記事は会員限定です

プラチナ地金が不足 割安感から販売量拡大

[有料会員限定]

国内の貴金属市場でプラチナ(白金)の地金が不足している。価格の下落による割安感から個人投資家向けの販売量が過去最高水準に達した。この影響で販売店の一部で引き渡しが滞るケースが出てきた。地金を生産する貴金属各社は大幅な増産による現物の確保を急いでいる。

金融機関や商社ではプラチナの手持ち在庫が払底している。ICBCスタンダードバンク東京支店の池水雄一支店長は「注文が入っても引き渡せる地金が少ない」と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り386文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン