かくはん器使い日本酒づくり自動化へ エディプラスなど

2015/11/26 11:51
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

かくはん器開発のエディプラス(さいたま市)や麻原酒造(埼玉県毛呂山町)など県内の企業が協力し、日本酒の製造工程の自動化を目指す取り組みを始める。特殊なかくはん器で仕込み中の「櫂(かい)入れ」を行う。日本酒製造を担う杜氏(とうじ)も高齢化し、将来的に人材確保が難しくなるとみる。伝統的な作業を機械化し、新しい日本酒の製造方法を探る。

エディプラス、かくはん器販売に協力するアクアテックス(ふじみ野市)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]