愛知県、「外国人雇用特区」提案へ 製造業の人手不足に対応

2015/11/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

愛知県の大村秀章知事は24日の記者会見で、国に対し「外国人雇用特区」を提案すると発表した。技能実習制度で日本で働き、技能を磨いた外国人らに対し、再び愛知県内の企業で働けるようにする仕組みだ。人口減少による労働力不足に対応するのが狙いだが、実現には曲折が予想される。

26日に開く特区区域会議で正式に大村知事が石破茂地方創生相に提案する。愛知県が対象区域になっている国家戦略特区の規制緩和として実現を…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]