アサヒ・キリン、ビール多品種生産へ投資 貯蔵タンク増設など

2015/11/23 1:31
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ビール大手がビールなど酒類の多品種生産に向けた設備投資をする。アサヒビールは製品貯蔵用タンクを来年末までに全国で約1割増設し、スーパードライなど主力5ブランドを全ビール工場で生産できるようにする。キリンビールはビールとチューハイの両方を生産できる新ラインを導入する。消費者の好みの変化に柔軟に対応しつつ、鮮度の高い商品を届ける地産地消の供給体制とする。

アサヒビールは約35億円を投じて、醸造後のビ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]