速報 > 地域ニュース > 関西 > 記事

アクアフェアリー、持ち運びできる燃料電池 避難所電源などに

2015/11/23 0:03
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 燃料電池開発のアクアフェアリー(京都市)は水素をその場で発生させて発電する燃料電池を開発した。従来の燃料電池と異なり水素を貯蔵する大型のタンクが必要なく、持ち運びできるのが特長だ。避難所の非常用電源など主に自治体の需要を開拓する。

 燃料容器中の水素化カルシウムに水を混ぜて、燃えにくい低圧の水素をつくる。その水素を空気中の酸素と反応させて発電する仕組みだ。

 電池出力は30ワットで発光ダイオード(L…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ速報トップ

関連キーワードで検索

燃料電池電池タンクアクアフェアリー

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 21日 2:00
21日 2:00
東北 22日 20:18
21日 2:00
関東 2:22
2:21
東京 20日 21:50
20日 21:40
信越 0:14
21日 2:00
東海 2:23
1:00更新
北陸 2:18
20日 21:30
関西 2:18
22日 20:27
中国 22日 21:57
21日 2:00
四国 21日 1:31
21日 1:31
九州
沖縄
2:22
2:21

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報