鬼怒川決壊、4分の1の模型で再現 東京理科大

2015/11/18 13:35
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東京理科大は18日までに、9月の関東・東北豪雨で起きた鬼怒川の堤防決壊のメカニズムを調べる再現実験を公開した。実物の4分の1の大きさの模型を作製。堤防を越えた水が外側を削り取り、堤防の水を抑える力が弱まると一気に決壊する様子が確認できた。

二瓶泰雄教授は「日本の堤防は越水に耐える設計ではないため、1度あふれるともろい」と指摘。今回の実験結果はより水害に強い堤防設計に役立てるという。

実験用の堤防…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]