関電、電線をアルミ製に 銅から刷新 調達費2~3割減

2015/11/17 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
共有
保存
その他

 関西電力は電気を家庭に送る配電線網をアルミ製に刷新する。現在の銅製に比べて調達費用が2~3割ほど下がり、軽量で保守点検もしやすい。2015年度中に大阪府内の一部で始め、16年度から管内全域に広げる。原子力発電所の停止が続く関電は財務の悪化を防ぐため、設備投資を抑えてきた。低価格で機能が維持できるアルミ電線を導入し、コストを抑えながら老朽化した配電網を再整備する。

 発電所でつくった電気は各地の変電…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

関連キーワードで検索

関西電力古河電気工業東京電力配電線

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 23日 23:00
23日 22:30
東北 0:00
23日 23:00
関東 2:00
0:00
東京 23日 23:00
23日 23:00
信越 0:01
0:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
23日 22:05

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報