市民狙うテロ、予測困難 外務省が注意呼びかけ

2015/11/16 1:05
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

パリで13日夜に発生した同時テロでは、劇場やレストランなどにいた一般市民が標的にされた。今年3月にチュニジアの博物館で起きたテロでは、日本人も犠牲になっている。仕事や留学、旅行などで海外に滞在する日本人は多い。テロの発生を予測することは困難だが、外務省は被害を避けるための心がけと行動のポイントを挙げて注意を呼びかけている。

外務省がホームページで公開している「テロ事件に巻き込まれないための基本予…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]