2019年1月22日(火)

お好み焼きの千房、東南アに出店 ハノイ・バンコクなど

2015/11/16 1:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

お好み焼きチェーンの千房(大阪市、中井政嗣社長)は海外の店舗網を広げる。11月中にベトナム・ハノイとタイ・バンコクに出店。来年2月にはフィリピンに開く。1人あたりの支払額は平均で2000~6000円ほどで現地の中間層を狙う。訪日外国人客が増え「お好み焼き」もアジアで知名度が高まっているという。海外はハワイだけだったが、5年で10店以上に増やす。

アジア1号店となるハノイの店はビルの2フロアを使う…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報