地方「人手不足」4割 地域経済500調査

2015/11/15 1:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社の「地域経済500調査」では、地域企業の人手不足の深刻さも浮き彫りになった。調査対象の企業で従業員数が「不足」しているとの回答は40%に達した。2016年春の新卒採用も10月時点で計画に届かない企業が36%と苦戦している。

地域別にみると、人手不足と答えた企業の割合は北海道の60%が最高で、北陸が56%で続いた。理由(複数回答)には「同業他社との採用競争」(44%)や「大手企業の採…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]