杭打ち業界、改ざん連鎖 技術者管理難しく

2015/11/14 1:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

旭化成建材に続いてジャパンパイルでも杭(くい)打ち工事のデータ改ざんが判明し、問題は業界全体に波及してきた。地震が多い日本で、建物を地盤に固定する杭工事の重要度は極めて高い。なぜ改ざんが横行するのか。技術者が様々な現場を渡り歩き、管理も難しい業界の特性が背景にある。

杭の中でマンションや工場などで広く使われるのが「既製コンクリート杭」。横浜の傾斜マンションにも使われた。工場で生産したコンクリート…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]